フリーワード

カードの種類

カードカテゴリー

著者


AICO

AICO

76 年~ 86年の女流画家展出展以来、昭和会展、安井賞展、月次展、アンチーム展など数々の展覧会に出品。また、パリ、サンパウロ、プサンの国際展にも出品。クリティック賞受賞(日仏現代展パリ)。現在は個展、グループ展で、古代から宇宙をテーマにした多くの作品を発表している。担当した絵本『おつきさま』(架空社)、『五月のおしゃべり』(海豹社)、『うまれるってうれしいな』(清流出版)。
表紙『朝日ジャーナル』(朝日新聞社)、『母の友』(福音館)他。装画『ウィンズ』(JAL 機内誌)、『めだかの学校』茶木滋著(岩崎書店)、『自分の心に気づく本』迫登茂子著(ビジネス社)、『さっちゃんは戦争を知らない』宮静枝著(熊谷印刷出版部)、『つれづれに』田中美智子著(学習の友社)など多数。

宿曜オラクルカード

宿曜オラクルカード

宿曜占星術が解き明かす人の本質と運命「宿曜オラクルカード」

 平安時代、空海(弘法大師)によって密教の一つとして日本へもたらされた宿曜経(文殊師利菩薩及諸仙所説吉凶時日善悪宿曜経)は、密教徒によって受け継がれ、宿曜占星術、宿曜道として伝えられてきました。  宿曜占星術は、天体の動きや巡りによって日や人の有り様、星を見極め、その星の神々を祀ることで運勢を好転させるものと考えられ、紫式部や武田信玄も活用したと言われてい

…続きを見る