フリーワード

カードの種類

カードカテゴリー

著者


ジェームス・マキオン

ジェームス・マキオン

James Mckeon(ジェームス・マキオン)

またの名をSahaj(サハジ)は、長年にわたってジェムストーンに関する民間伝承と啓示上学を研究してきました。

1993年に神学士号を授与されたサハジは、レイキ・マスターでもあります。

古典芸術学家、画家、金細工職人、宝石鑑定家としてのキャリアを背景に、エオラ・ジェムストーン・オラクルカードの本質に関わる要素を引き出しました。主に、バーバラ・アン・ブレナン(Hands of Lightの著者)、ブライアン・ワイス (Many Lives,Many mastersの著書)、ジョエル・グリック(Healing Stonedの著書)、ポール・トゥイッチェル(In My Soul I am freeの著書)といった人々のもとで学びました。

エオラ ジェムストーン オラクル カードは、この生涯にわたる 研究と経験の頂点をなすものです。1998年末の出版以来このカードは、ミヒャエル・ブライナー(The Mayan Oracle Cardsの著者)、メロディー(Love is in the earthの著者)、ジェームズ・ワンレス(The Voyager Tarotの著者)などから激賞 を受け、またハリウッドスターであり、作家でもあるシャーリー・マクレーン、世界的に高名な霊能者イマラ(アメリカのトップ霊能者100人)などが愛用しています。

現在、ジェムストーンやクリスタルを使った、新しいヒーリング・テクニックの探求に意欲的に取り組んでいます。そして日本に年に2回ほど来日し、さまざまなイベントやワークショップを開催しています。また、彼は、ミスティカ・カー ド&解説書の共著者でもあり、カードの絵のデザインなどを出がけています。

エオラ ジェムストーン オラクルカード

エオラ ジェムストーン オラクルカード

パワーストーンの王国への冒険がはじまる 〜45枚のカードを通じて知る、神秘的な石の世界〜

タイトルにある「エオラ」という言葉は、古代のアトランティス、エジプト、ギリシャでよく知られていた神官でありヒーラーの名前です。その語源はエジプトの言葉(AOR)から来ていて、「黄金の光」&オーラ(AURA)の語源でもあると言われています。 このカードは、エオラが人々と惑星の進化を助けるためにクリスタルとジェムストーンのヒーリング情報をもたらしてくれてい

…続きを見る